大阪市でお勧めのインプラント医院をご紹介します!

HOME » インプラント治療を知ろう » 重要なアフターケア

重要なアフターケア

インプラント治療では、しっかりとしたアフターケアが重要です。治療後きちんとしたメンテナンスをすることでインプラントを長持ちさせることができるのです。

アフターケアの重要性

天然の歯でもいえることですが、インプラントを長持ちさせるためには正しいブラッシング法で歯磨きをすることが、1番重要です。

インプラントはチタンなどの金属でできており、虫歯にはならないので、治療後の歯の管理は天然の歯に比べて簡単なように思えます。だからといって、ブラッシングを怠ると、インプラントのまわりの粘膜に炎症が起きてしまい、最終的にはインプラント周囲炎というインプラントの歯周病になってしまいます。

虫歯にならないといっても、歯の防御機能は完璧ではないため、毎日のケアが必要になってくるのです。また、かみ合わせの調整やネジのしまり具合などの点検が必要なので、定期的に(半年~1年に1回程度)必ず健診を受けることをおすすめします。

インプラントの寿命って?

いまでは当たり前になりつつあるインプラント治療ですが、実はインプラントの歴史はまだ40数年程度なのです。

そのため、寿命を正確に言いあらわすのには、まだ充分な年月が経過していないというのが現状です。そこで、インプラントの寿命というのは、インプラントの生存率で代用されることがほとんどです。

インプラントの生存率については様々な研究で発表されていますが、約10年で90~95%が生存するとされています。対してブリッジは、約10年で50~70%の生存率なので、インプラントの方がより長持ちをするということがわかると思います。この生存率は人によってかなり違ってきます。

歯周病・かみ合わせ・歯磨き・歯ぎしり・喫煙・歯周病細菌や虫歯菌など、それぞれの生活習慣や持ってうまれたものによって左右されます。

統計的には、インプラントの生存率は約10年で90~95%。これを見るとかなり信用できる治療だということはわかると思いますが、より長持ちさせるためには、やはり普段のケアや定期健診が重要だといえます。

 
ページの先頭へ