大阪市でお勧めのインプラント医院をご紹介します!

HOME » インプラント治療を知ろう » ブリッジ・入れ歯治療との違い

ブリッジ・入れ歯治療との違い

インプラント、ブリッジ、入れ歯には、それぞれメリット、デメリットがあります。それぞれの治療方法や費用を比較し、歯科診療を受ける際の参考にしましょう。まず、治療方法です。

◆入れ歯の治療方法
人工の歯を歯ぐきを模したピンクの床の上に付け、それをバネで自分の歯に装着します。
総入れ歯や部分入れ歯などがありますが、「歯がなくなった歯ぐきの上に着ける」という点は一緒です。
◆ブリッジの治療方法
失った歯の両隣の歯を削り、そこに人工の歯を、橋をかけるように作ります。
◆インプラントの治療方法
あごの骨に人工歯根(インプラント)を埋入し、その上に人工歯を被せます。

メリット・デメリットを検証

どんな長所があるの?次に上記3つの治療法のメリット・デメリットを箇条書きで紹介しますね。

◆入れ歯のメリット・デメリット

  • 保険適用
  • 治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い
  • 噛み心地が悪く、固いものを噛むのに苦労することがある
  • 食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい
  • うまく発音が出来ないこともある
  • 留め金が見えるなど、見た目がよくないことがある
  • バネで支えている隣りの歯への負担が大きく、虫歯にもなりやすい

◆ブリッジのメリット・デメリット

  • 保険適用
  • 治療が短期間
  • 固定式なのであまり違和感がない
  • セラミックを使えば天然歯のようにきれいに修復できる
  • ブリッジを支えるために両隣の歯を削る必要がある
  • うまく発音が出来ないこともある
  • ブリッジと歯肉との間に食べカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい

◆インプラントのメリット・デメリット

  • 自分の歯と同じ感覚で噛むことが出来る
  • 天然歯のように綺麗に仕上がる
  • 周囲の歯に負担がかからない
  • 発音や発声が元通りに出来る
  • 治療には高度な知識と技術が要求される
  • 保険適用外のため高額な治療になる
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い

どの治療法を選択するかは、口の中の状況や、患者さんの希望によって変わります。
好みもあれば、向き不向きもありますので、最終的にはかかりつけの先生とよく話し合って決めて下さいね。

 
ページの先頭へ