大阪市でお勧めのインプラント医院をご紹介します!

HOME » インプラント治療を知ろう » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

長期に渡る可能性もあるインプラント治療。治療の流れとそれにかかる期間は、治療を受ける上で知っておきたい点ですね。

ここでは、平均的なインプラント治療の流れについて紹介していきます。症例やクリニックによって異なりますが、大きく違うことはないのでぜひ参考にしていただき、歯の治療への不安を少しでも解消しましょう。

インプラント治療のおおまかな流れ

インプラント治療はおおまかに、以下に分けられます。

◆手術前

  • 「初診・検査」

◆手術

  • 「インプラント手術」

◆手術後

  • 「かぶせ物(人工歯)取付」
  • 「メンテナンス」

初診からメンテナンス終了までは平均3~10ヶ月ほどといわれていますが、治療法や症例によって大きく異なる場合もあるので注意が必要です。

初診・検査

口の中の状態を知り、今後の治療方針を決めます。インフォームドコンセントを重要視しているクリニックを選ぶことを強くおすすめします。

初診・検査の主な内容は以下になります。

◆問診

◆診察

◆レントゲン・CT撮影

◆説明

この時点で「費用・期間」「治療法と痛み」「骨の状態」など、気になる点や希望について聞いておきましょう。不安をこの段階で解決する・してくれるクリニック選びが重要です。

インプラント手術

◆術前

  • 抗生物質や、必要であれば精神安定薬・降圧剤を服用します。血圧、脈拍、脈波、血中酸素濃度を測定します。

◆麻酔

  • 主に注射による局所麻酔となります。当然痛みはない為、リラックスして手術にのぞめます。

◆手術開始

  • 1本で実質20分、5本または特殊技術のいる場合は120分程度となります。 

◆手術後

  • 必要のない場合もありますが、翌日(7~10日後の場合も)に洗浄、1~2週間後には抜糸をします。

その後は、インプラントが骨と結合するのを待ちます。1~2ヶ月に1度チェックをすることがあります。

かぶせ物(人工歯)取付

◆型とり

  • チタンインプラント…3~4ヶ月後
  • HAインプラント…3~4ヵ月後にインプラントの頭を歯ぐきの上に出す2次オペをおこない、さらに7~14日後に型とりをします。

 ◆かぶせ物の試適

  • 最終のかぶせ物を入れる前に、その試適(形合わせ、高さ合わせ)をし、審美性やかみ合わせを確認します。

 ◆かぶせ物のセット

  • 手術から平均、3ヶ月半~4ヶ月後にセットとなります。ソケットリフトやGBR法をした場合はもう少しかかります。

ここまで、強い力でそしゃくしなければならない食べ物(堅いパン・せんべい・りんごなど)は制限されていますが、セットが完了すればお好きなものを何でも食べることができるようになります。

メンテナンス

インプラントは虫歯になることは絶対にありませんが、歯周病に気をつけなければいけません。定期的なクリーニングをすることにより、歯周病になるリスクは大幅に下がります。

インプラント治療には多くの工程と時間を要します。期間と費用をかけて手に入れた新しい歯です。1日も長くインプラントを長持ちさせるためにも、可能なら3ヶ月に1回のペースで、少なくとも年1~2回は通うことをおすすめします。

 

 

 
ページの先頭へ